鳶工事・土工事は埼玉県の西山建設にお任せください

西山建設株式会社

技術と安全対策

日々の安全対策

  • 毎朝、朝礼とKY(危険予知活動)

    出発前に各チームの作業の確認と安全対策を行います。
    毎日必ず行うことで、作業員の安全対策意識を向上させます。

  • 出発前の確認

    出発前には点呼と道具工具のチェックを行います。

  • 作業所朝礼とKY(危険予知活動)

    各現場に到着後も朝礼とKY(危険予知活動)を実施し、作業員の安全対策を徹底します。

  • 月例安全衛生講習会の実施

    毎月行われる月例安全衛生講習会。ここでは基本的な安全対策の為の工具・技術の確認、行動の繰り返しを行っています。安全帯の使い方、玉掛ワイヤーのかけ方、指差し歓呼、熱中症対策、立入禁止エリア、グーパー運動等、様々な安全技術の確認をしています。

  • 月例定例協議会(ミーティング)の実施

    全体定例協議会と職長会の安全衛生責任者会を実施し、日頃気付いた点をテーマに上げ、皆で協議し更なる技術と安全を構築していきます。

  • 自主パトロール

    災害が1件でもなくなることを信じて、年回50回以上実施しています。

    細かな部分まで本気でパトロールしております。

  • 安全大会

    毎年8月に安全大会を実施しています。安全講話・安全衛生優秀者表彰・親睦会を開催し更なるコミュニケーション向上と安全意識を高めております。

  • 安全祈願祭

    元旦0時00分、大宮氷川神社にて役員、役職者でご祈祷をしております。

    今年の安全祈願と関係者様、作業員のご健勝を祈願しております。

     

安全講習の実施

2016.09.29
親綱尻手講習会
参加:65名

命を守る大切な設備のため、結びも、尻手もキレイにまとめる講習です。

2016.09.23
安全運転講習会
参加:69名

現場までの往復で使用する車両の安全運転講習会です。細かな注意事項を確認し合います。

2016.08.02
消化器講習会
参加:71名

万が一の火災時に速やかに消化器を使用するための確認実施講習です。

2015.10.09
安全帯2丁掛使い方講習会
参加:88名

メインとサブの使い方と注意事項を実施訓練にて確認し合います。

2011.05.16
玉掛の基本 3・3・3運動講習会
参加:70名

玉掛時の注意事項、ルール、を実地訓練し安全確認をします。

2011.04.15
グーパー運動講習会
参加:73名

重機使用時の注意事項、立ち位置、グーパー運動を徹底するための講習会です。

2011.03.08
危険予知ビデオ講習会
参加:80名

ヒヤリハットのケースを知るためのビデオ講習。ビデオ講習後はミーティングにて確認し合います。

2010.12.06
レベル据え、見方講習会
参加:65名

レベルの設置方法、注意事項を実施訓練し、確認をします。

2010.09.15
危険予知活動表(KYK)講習会
参加:70名

作業員一人一人に危険箇所を発言し、皆で危険箇所の共有をします。

2010.06.26
柱コン打設講習会
参加:75名

配筋恐々、型枠組立、ポンプ配置、打設方法、タタキ、養生と脱型などを実地訓練します。

2010.04.30
電動工具講習会
参加:80名

電動工具の使用時の注意事項、メンテナンス、保管方法を実施訓練と確認を行います。

2010.03.10
指差喚呼講習会
参加:72名

一声かけ、現地KY、指差喚呼を実施確認を行います。

2009.11.18
ロープワーク講習会
参加:60名

ロープの各種結び方を実施訓練をします。結びの注意事項や再確認を実施訓練します。

2009.09.24
防災訓練講習会
参加:77名

火災や地震などの際にどのような行動をするか、防災用品の使用方法などの実施訓練をします。

2009.09.04
インフルエンザ対策講習会
参加:78名

インフルエンザ対策として日常の注意事項と義務行動を指導します。

2009.06.08
労働安全衛生規則改正講習会
参加:81名

労働安全衛生規則の改正に伴い、全作業員で改正後の作業の確認・講習を行います。

2009.06.22
安全帯取付講習
参加:91名

安全帯を取り付ける安全帯取付設備に設置方法や注意点を確認指導する講習です。

2009.05.13
熱中症対策講習会
参加:73名

予防のための注意事項から、熱中症になってしまったときの対策までを細かに講習を行います。

安全に対する啓蒙活動

安全対策は意識から始まります。当社では朝礼・現場・会議・講習会などで常に安全への意識を高めている他に作業員が常に目にする場所に「安全衛生ポスター」を掲示し、安全に対する啓蒙活動を行っております。
また、その時々により特に強化することなどを即座に掲載し、作業員の安全意識を促しております。